DO-AT

重度障害児向けプログラム
Diversity, Opportunities, Activities, and Technology

DO-IT Japan

重度障害児向けプログラム - TOP > OAKの開発

OAK(オーク)の開発

東京大学先端科学技術研究センターと日本マイクロソフト株式会社は,入力デバイス「Kinect for Windows」を応用した,重度の肢体に障害がある方の活動を支援するソリューション「OAK - Observation and Access with Kinect」(OAK) を共同開発しました。

脳性まひや脊髄性筋萎縮症などにより重度の障害がある人の手や体,顔(目や口)の動きを「Kinect for Windows センサー」で検出し,家電やおもちゃ,コミュニケーション機器などのスイッチ操作を可能とする全く新しい技術です。従来のスイッチと異なり,機器を体に装着する必要がなく,簡単に設定,操作ができます。また新たに体の動きをログ(履歴)として保存できる機能により,これまで気付きにくかった子ども達の小さな動きやその変化の理解にも役立ち,利用者の能動的な活動の育成を支援します。

「OAK」の入手についてはこちらをご覧ください。

プレスリリースをこちらからご覧いただけます。

oak