【お知らせ】ATACカンファレンス登壇

毎年12月に京都国際会館で行われているカンファレンス「ATAC(エイタック)」に、
DO-IT Japanスタッフとスカラーが登壇します。
今年は、テーマ別に様々な体験や聴講コースがあるようです。

12月6日:
1)少人数でじっくりと学ぶシリーズ ※セミナー
・セミナー1「知的障害の支援から能力を考える」 中邑賢龍
        ・セミナー2「学習と就労の合理的配慮を理解するワークショップ」 近藤武夫
※DO-IT Japanスタッフです

2)FIKAカンファレンス ※体験
読み書き計算など学習困難がある子どものための新しい学び方を体験する日

12月7日:
メインセミナー「素材を楽しむ」 皆で集まりこれからの社会を議論し、整理する1日

「自分を楽しむ」 高梨智樹氏(ドローンパイロット)
自分の特性を見出し、どう夢を実現していくのか?
※DO-IT Japanスカラーです

12月8日:
実践セミナー 「テーマごとにパラレルなセミナー」
※多様なセミナーが同時開催。DO-IT Japanスタッフも多く登壇します。

詳細は、ぜひホームページをご覧ください!

URL:https://atacconf.com/2019_12/

※参照(ムービー):ATACカンファレンスについて:https://atacconf.com/archives/401

Take part in

スカラープログラムに
応募する

障害があり、学びや生活に困難のある、中学生、高校生、高卒者、大学生、大学院生の中から、テクノロジーの活用と移行支援を通じ、将来のリー ダーとなる人材を養成することを目的としたプログラムです。
毎年春に参加者が公募され、書類選考、 面接選考を通じ、スカラーが選抜されます。

今年度の募集は締切ました。ご応募ありがとうございました。
※参考として今年度の応募案内を掲載します。

PALプログラムに
登録する

学習に困難のある、児童生徒・学生に向けて、テクノロジーを活用した学びの保障について情報提供を行うことを目的としたプログラムです。

登録は、 DO-IT Japan ウェブサイトより常時行っております。
以下より、ご登録ください。

DO-IT Newsletter

DO-IT Japanの活動をお知らせする、ニュースレターを、毎月配信しています。
ご感心のある方は、どなたでも登録できます。

※PALプログラムに該当する方は、PALプログラムへご登録ください。
PALプログラムでは、ニュースレターのお知らせに加え、事例や支援機器の利用方法などの情報をお届けすることができます。

ページの先頭へ戻る