DO-IT(Diversity, Opportunities, Internetworking and Technology) Japanとは


DO-IT Japanは、障害や病気のある子どもたち、若者たちが「学校で自らのニーズに適した方法で学ぶ権利を得ること」、「初等教育から、中等教育や高等教育へ進学すること」、「学校教育を卒業した後、社会で活躍するリーダーとなること」を応援するプログラムです。
プログラムの継続を通じて、誰もが未来に夢を描き、それを当たり前のこととして追求できる社会をつくることを目的にしています。また、DO-IT Japanと高等教育機関が協力してプログラムを運営・開発することで、多様な学問領域からの知見と問題提起を得て、エビデンスに基づいた社会参加拡大プログラムを実施することを目指しています。

2007年にプログラムを開始してから、年間を通じて、参加者に向けたテクノロジー活用の研修や、大学での学びや親元を離れた自立生活の体験、企業や大学でのインターンシップや国内外での研修といった学びの機会を提供しています。これらの機会には、全国からやってくる児童生徒・学生の皆さんが参加しています。参加者は、これらの機会に参加することを通じて、「障害」に関する理解を深めたり、自分にとっての合理的配慮とは何かを追求したり、自己決定や自己権利擁護についての考えを深めています。
加えて、年間を通じて実施している参加者同士のオンライン・オフラインでのミーティングでは、児童生徒や学生が中心となって、さまざまなテーマで議論を行なっています。参加者は、障害や病気のある同世代の参加者のほか、障害のある先輩や専門家、アドボケイト、大学の研究者、社会で活躍するトップランナー等との交流や相談を通じて、自分自身にとっての社会参加のあり方を拡大したり、捉え直す機会につなげています。

私たちDO-IT Japanは、障害や病気のある若者の成功や自己実現を応援することを通じて、インクルーシブな社会の実現へ向けた課題を明らかにし、その課題の解決方法を、参加者とともに模索しています。多様な背景を持つ人々が、時にぶつかり合いながらも、個々の違いを認め合い、対話し、共生を試行錯誤する営みの中に、インクルーシブな未来が生まれることを願って活動を続けています。
DO-IT Japanは、多くの子どもたちや若者の参加を待っています。

DO-IT Japanのコンセプト

自己決定と自己権利擁護

自己決定と、セルフアドボカシー(自己権利擁護)

DO-IT Japanが大事にしているコンセプトは、「自己決定」と「セルフアドボカシー(自己権利擁護)」です。

学ぶための方法を選ぶ、求めたい配慮の内容を考えることも、自分自身が決定権を持っています。
DO-ITのプログラム中では、ちょっとした生活の場面場面でも自己決定し、責任を持つ機会を設けています。自己決定を問われたり、失敗することもまた、自己決定が尊重される大きな機会であると考えています。

周囲からの助言はもちろん、必要な配慮や支援は、自分から周囲に求めて良いことを、仲間たちと共に感じ、実際に自ら求めていく「セルフアドボカシー(自己権利擁護)」を行機会を、DO-ITでは大事にしています。
生活や学習、入試の場面など、周囲や社会に対して自分の配慮を求めたり自らの意見を発信することから、様々な人が共に生きるためには、どのような社会のあり方を目指すべきかを考える機会にもなっています。

DO-IT Japanの3つのプログラム

DO-IT Japanは、大きく分けて3つのプログラムから構成されています。
情報を広く届け、障害のある児童生徒・学生をエンパワメントし、障害のある児童生徒・学生の可能性を最大化します。

プログラムから広がる可能性 Scholor Program メインプログラム PAL Program 情報提供 School Program 環境整備

Scholar Programスカラープログラム

障害があり、学びや生活に困難のある、中学生、高校生、高卒者、大学生、大学院生の中から、テクノロジーの活用と移行支援を通じて、将来のリー ダーとなる人材を養成することを目的としています。
選抜を経て、プログラムに参加した学生は、「スカラー」と呼ばれます。テクノロジーの活用を中心的なテーマに据えた様々なプログラムに、年間を通じて継続的に参加することができます。

PAL Programパルプログラム

学びに困難のある、児童生徒・学生に向けて、テクノロジーを活用した学びの保障について、情報提供を行うことを目的としています。
学びに困難がある児童生徒・学生とその保護者が、登録することができます。

School Programスクールプログラム

協力企業と共に、テクノロジーやサービス、支援に関するノウハウを学校に届け、配慮ある環境の整備を目的としています。

DO-IT Japanブローシュア

DO-IT Japanの活動内容を、ギュッと凝縮して、ブローシュアにしました。ぜひご覧ください。
また、ぜひご周知に活用ください。

共催・協力・後援の紹介

DO−IT Japanの運営は、設立初期から継続的に連携している、共催企業3社を中心として、多くの企業と官公庁の産学連携により、支えられています。

※2018年度の、共催・協力・後援をご紹介します。(五十音順)

共催企業

ソフトバンク株式会社

タブレット端末を操作するスカラー。

コンカレントセミナーにて、遠隔参加者の参加方法の多様化として「Pepper」と「操作ソフトウェア」を、貸与・サポートいただきました。
特別聴講生のプログラムにて、「タブレット端末」を、お貸しいただきました。
スタッフの円滑なやりとりや緊急時の連絡のため、「携帯電話」を、お貸しいただきました。
最終日の公開シンポジウムでは、対話あるインターンシップの受け入れとその結果について話題提供いただきました。

日本マイクロソフト株式会社

ノートパソコンでOffice365を操作するスカラー。

スカラーの事前オンライン会議(プリプログラム)にて、円滑なデータとオンラインミーティングの実施のため、「Office365」を、ご提供いただきました。
夏季プログラムの3日目に、品川本社を研修会場としてご提供いただき、実際に社内で働かれている社員の方と意見交換する時間をご提供いただきました。
最新のテクノロジーや未来への可能性について、ご講義、及び、プログラム学習プログラムを実施いただきました。
最終日の公開シンポジウムでは、対話あるインターンシップの受け入れとその結果について話題提供いただきました。

富士通株式会社

富士通平林さんの講義を聴くスカラーの皆さん。

最終日の公開シンポジウムでは、対話あるインターンシップにの受け入れとその結果について話題提供いただきました。
DO-ITと共に多様な働き方についての検討を協同で進めています。

協力企業

イースト株式会社

WordTalkerを使用するパソコン画面。

印刷物など文字を読むことに困難のある人が、書かれている情報を知る手段として、書かれてい情報をテキストデータ化し、パソコンの読み上げ機能を活用し、耳から情報を得る方法があります。
昨年度に引き続き、音声読み上げWordアドイン「WordTalker」を、ご提供いただきました。

株式会社沖データ

パンフレットを熱心に読むスカラーの二人。

毎年度新規スカラーが加わるため、夏季プログラムの参加者は毎年増え、配布資料や講演などの案内図など、大量の印刷物をすばやく用意する必要があります。
昨年度に引き続き、夏季プログラム期間中、高性能なプリンター「COREFIDO C841dn」を、複数台お貸しいただきました。

株式会社トヨタモビリティサービス

車椅子の状態でウェルキャブに乗ろうとするスカラー。

体温調節が難しい人や、体調に変化が起こりやすい人にとって、自身で移動する方法に加え、スムーズな移動方法の選択肢や、社会サービスを知ることは重要です。
昨年度に引き続き、夏季プログラム期間中、リフト付き車両「ウェルキャブ(福祉車両)」を、複数台お貸しいただきました。

株式会社テレウス

スタッフさんの運転するタンデム自転車の後ろに乗るスカラー。

パラリンピックの自転車競技などで、多様な乗り方ができる自転車があると聞いたことはありますが、実際に見たり乗る経験をした人は少ないです。
昨年度に引き続き、夏季プログラム2日目のアクティビティにて、「ハンドバイク(アダプタータイプ)」を、お貸しいただきました。
スタッフさんにお越しいただき、「タンデム自転車」を一緒に走る体験をさせていただきました。

特定非営利活動法人 サイエンス・アクセシビリティ・ネット

スライドを使いChattyInftyで計算した数式の答えを発表するスカラー。

自分の手や目を使って、読み書きすることに困難がある人にとって、パソコンを利用した学習は、学びの可能性を広げてくれます。
昨年度に引き続き、高度な数式や化学式の読み上げ・入力を補助してくれるソフト「ChattyInfty」を、ご提供いただきました。

フォナック補聴器

マイクを使い自分の意見を話すスカラー。

騒がしい環境で、先生の声など、特定の人の声を聞き分ける必要がある時、大きな負担を感じる人もいます。
昨年度に引き続き、夏季プログラム期間中、補聴器援助システム「Roger(ロジャー)シリーズ:ロジャータッチスクリーンマイク・パスアラウンドマイク、デジマスター・フォーカス」を、お貸しいただきました。

後援

厚生労働省

文部科学省

Take part in

スカラープログラムに
応募する

障害があり、学びや生活に困難のある、中学生、高校生、高卒者、大学生、大学院生の中から、テクノロジーの活用と移行支援を通じ、将来のリー ダーとなる人材を養成することを目的としたプログラムです。
毎年春に参加者が公募され、書類選考、 面接選考を通じ、スカラーが選抜されます。

今年度の募集は締切ました。ご応募ありがとうございました。
※参考までに今年度の応募案内を掲載します。

PALプログラムに
登録する

学習に困難のある、児童生徒・学生に向けて、テクノロジーを活用した学びの保障について情報提供を行うことを目的としたプログラムです。

登録は、 DO-IT Japan ウェブサイトより常時行っております。
以下より、ご確認ください。

DO-IT Newsletter

DO-IT Japanの活動をお知らせする、ニュースレターを、毎月配信しています。
ご感心のある方は、どなたでも登録できます。

※PALプログラムに該当する方は、PALプログラムへご登録ください。
PALプログラムでは、ニュースレターのお知らせに加え、情報をお届けすることができます。

ページの先頭へ戻る