DO-IT Japan Diversity, Opportunities, Internetworking and Technology

寄付のお願い


未来への支援

DO-IT(Diversity, Opportunities, Internetworking and Technology) Japanは,障害や病気のある小中高校生・大学生の高等教育への進学とその後の就労への移行支援を通じた,リーダー育成プロジェクトです。

2007 年度にプロジェクトを開始し,現在まで継続しています。障害のある子どもたちや若者にテクノロジーとその活用方法を提供し,必要な配慮を得た上で高等教育へ進学することや就労に移行することを支援してきました。毎年夏に開催される夏季プログラムの開催に加え,インターネットを活用したオンラインメンタリング(学習支援・進学や就労など移行に関するサポート等),プログラム参加者間での定期的なオフラインのおよびオフラインのミーティング,海外研修へのプログラム参加者の派遣など,年間を通じたプログラムを開催し,多様な価値観に出会い・体験できる機会をつくっています。

DO-ITは,障害のある子どもたちや若者たちが,多様な価値観と社会的排除を超える取り組みと出会うことができる場所となることを目指しています。多様な価値観と社会活動,そしてそこに関わる人々との出会いが広がることで,障害のある若者たちの中に,未来を生み出す原動力が生まれることを期待しています。障害と多様性に向き合う1つのコミュニティとして,そうした機会を生み出せているかどうかを常に自問しながら,DO-ITはこれからの新しい10年を駆け抜けていきたいと思います。

このプロジェクトの活動を支えてくださっているのが,DO-IT Japanの活動にご賛同頂いている共催企業や協力企業の方々です。DO-IT Japanが今後継続的な活動を行うために,安定的かつ柔軟に活用出来る資金が必要です。

ぜひ,一人でも多くの方にご賛同頂き,プロジェクトへの支援を通じて,障害や多様性に開かれた社会をつくる活動を応援していただけましたら幸いです。下記のwebサイトにて,皆様のご支援をお待ちしております。

※DO-IT Japanの様々な取り組みについては、「活動報告書」「ムービー」をご覧ください。