プログラム概要

パル(PAL)プログラムは、情報発信を目的とした登録型のプログラムです。障害のある本人とその保護者が登録できます。

登録者には、毎月末、各月のテーマに沿った「PAL メールマガジン」をお届けしています。年末には、先輩スカラーが話題提供者として参加する「PALセミナー」への参加案内を行っています。セミナーは、身近なロールモデルと出会う機会として行っています。

パルプログラム参加登録者データと活動報告(2020年度)

登録者の情報 

総計:3,416名(2020年12月31日現在)

海外も含む全国から登録がありました。幼児から成人まで(本人とその保護者)、幅広い年齢層で登録がありました。
登録者は、全都道府県、及び、海外からの登録がありました。

PALメールマガジンの発行

毎月末、表のテーマに沿い、〈1〉お知らせ、〈2〉DO-ITによく寄せられる質問とその回答、〈3〉事例、〈4〉コラム、〈5〉Technology Tips!(身近なテクノロジー情報)を記載したメールマガジンを発行しました。
今年から DO-ITをサポートしている大学・団体の教職員から、話題提供に加え、読者に伝えたいメッセージをコラムとして掲載しています。

2020年パルメールマガジン一覧

PALセミナーの開催 「PALセミナー 〜自分にあった学び方と先輩との出会い〜」

PALセミナーは「自分にあった学び方と先輩との出会い」がテーマ。
大学生になったスカラーが、これまでの学び方や生活の仕方について話題提供を行い、質問を通して参加者と意見交換をするセミナーを開催しました。
意見交換では、自分に必要な支援を相手にどう説明するか、自分の夢とどう付き合っていくかなどが語られました。
セミナーには、小学生から成人になった方やその保護者まで、多くの方の参加がありました。

パルセミナーで話題提供するスカラーの様子

PALプログラムの登録方法

電子メールのイラスト

PALプログラムへの参加登録は、ウェブサイトより常時行っております。
登録フォームに参加者の情報を入力し、登録ボタンを押すと、参加登録が完了します。参加登録が完了しますと、記入されたメールアドレスに登録完了メールが届きます。
※パソコンのメールが届くアドレスの登録をお願いいたします。


Scholar Program スカラープログラム

メインプログラム

対象:中学生、高校生、高卒生、大学生、大学院生

PAL Program パルプログラム

情報提供

対象:児童生徒・学生とその保護者

School Program スクールプログラム

環境整備

対象:学校、教員

Take part in

「スカラープログラム」に
応募する

障害のある生徒・学生を対象とした参加型プログラムです。選抜された生徒・学生は「スカラー」と呼ばれます。スカラーは、年間を通じた様々なプログラムに長期的に参加することができます。

その他、スカラープログラムの一部を体験することができる枠として、児童・生徒(小学3年生以上)を対象とした特別聴講生プログラムの実施や、夏季プログラムを一部聴講することができる夏季プログラム聴講生の選考を行っています。

2021年度スカラープログラム募集は締切ました(締切:5月10日)。たくさんのご応募をありがとうございました。
翌年度の募集については、決定次第ご案内いたします。

「PALプログラム」に
登録する

障害のある本人(年齢は問わない)と、その保護者を対象とした情報提供を目的とした登録型プログラムです。

ウェブサイトで参加登録することができます。DO-IT Japanからのお知らせや情報を、メールで受け取ることができます。

常時、登録が可能です。
以下の「登録フォーム」より、ご登録ください。

DO-IT Newsletter

DO-IT Japanの活動をお知らせする、ニュースレターを、毎月配信しています。
ご関心のある方は、どなたでも登録できます。

※「PALプログラム」に該当する方は、「PALプログラム」へご登録ください。
PALプログラムでは、ニュースレターのお知らせに加え、事例や支援機器の利用方法などの情報をお届けすることができます。

ページの先頭へ戻る