【募集】2019スクールプログラム参加校

応募書類受け取り期間:2019年5月16日(木)から6月20日(木)まで(必着)

こちらのご応募受付は終了しました。ご応募ありがとうございました!

ここ数年、学校現場では、児童生徒が利用するパソコンやタブレットの台数が急速に増加しています(参考:文部科学省「平成29年度 学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」)。
ほんの数年前、平成26年と比較すると、台数ベースで約2.7倍、教育用パソコンが増加している一方で、読み書きが困難な児童生徒たちがICTを合理的配慮として活用できる教育環境は、まだまだ十分に整備されていない現状があります。
今後も急速に教育用パソコンの整備が進むことが予想される今、DO-IT Japanでは、合理的配慮のひとつとしてテクノロジーを活用できる学校環境を整えるプログラムを実施することとしました。

応募案内(2019年度)

スクールプログラムは、協力企業と共に、学習に関するテクノロジーやサービス、支援に関するノウハウを学校に届け、配慮ある環境の整備を目的としています。
今年度は、LD、発達障害(もしくはその疑い)により、読むことや書くことに困難がある小中学生を、指導している教員を対象としています。日々の教室での学習に加え、試験の場においてもテクノロジーを活用することで困難を補い、本質的な学びを実現させることを目指す実証研究プログラムです。
DO-IT Japanが主体となり、日本マイクロソフト株式会社がハードウェア、ソフトウェア等の提供、テクノロジー利用に対するサポート等を行うなど、合同でプログラムを実施します。

応募方法

以下の応募要領をダウンロードし、応募書類を事務局へ郵送してください。
応募要領は、応募用紙に加え、選抜の流れやプログラム詳細が記載されております。
必ずお読みになって、ご応募ください。

2019年度 スクールプログラム 応募要領

【対象】下記の「求める参加者像」に該当し、①~③いずれかに当てはまる方。

  • ① 日本国内の小中学生を、通常学級で指導している教員
  • ② 日本国内の小中学生を、通級指導教室、または、特別支援学級で指導している教員
  • ③ 日本国内の小中学生を、特別支援学校で指導している教員

※公立・私立は問いません。

スクールプログラムへの、多数の先生方のご応募をお待ちしております!

Take part in

スカラープログラムに
応募する

障害があり、学びや生活に困難のある、中学生、高校生、高卒者、大学生、大学院生の中から、テクノロジーの活用と移行支援を通じ、将来のリー ダーとなる人材を養成することを目的としたプログラムです。
毎年春に参加者が公募され、書類選考、 面接選考を通じ、スカラーが選抜されます。

今年度の募集は締切ました。ご応募ありがとうございました。
※参考として今年度の応募案内を掲載します。

PALプログラムに
登録する

学習に困難のある、児童生徒・学生に向けて、テクノロジーを活用した学びの保障について情報提供を行うことを目的としたプログラムです。

登録は、 DO-IT Japan ウェブサイトより常時行っております。
以下より、ご登録ください。

DO-IT Newsletter

DO-IT Japanの活動をお知らせする、ニュースレターを、毎月配信しています。
ご感心のある方は、どなたでも登録できます。

※PALプログラムに該当する方は、PALプログラムへご登録ください。
PALプログラムでは、ニュースレターのお知らせに加え、事例や支援機器の利用方法などの情報をお届けすることができます。

ページの先頭へ戻る