スカラーたちの活動・声を知る

これまでのDO-IT Japanの活動の中で、どのようなことが行われてきたのかを、年度活動報告書、ムービーでまとめています。ぜひご覧ください。

年度活動報告書

DO-IT Japanの活動を、2008年から年度毎に活動報告書としてまとめています。PDF版とテキスト版があります。

ムービー

DO-IT Japanの活動におけるスカラーたちの声、プログラム活動内容を、ムービーとしてまとめています。オーディオ版とテキスト版があります。

夏季プログラム(2016年度)

DO-IT Japan 10年目の夏季プログラムの様子を、プログラムスケジュールに沿ってまとめています。 
プログラム時に発せられた参加者の言葉も収録しています。ぜひ2016年の活動報告書と共にご覧ください。
次の10年に向けたDO-ITのメッセージをお届けします。

2013スカラーのインタビュー(2013年度)

2013年の夏季プログラムの様子を、DO-ITのコンセプトとテーマに沿ってまとめています。 
自分が必要とする配慮は、自分から周囲に求めて良いということ、また実際に自ら求めていく(セルフ・アドボカシーを行う)ことを、 スカラーたちは仲間たちと共に実感をもって感じ、知る機会を持ちます。
ムービーの後半は、夏季プログラムを終えた新規スカラーたちのインタビューが記録されています。

小中学生向けプログラム(2013年度)

2013年の夏季プログラムで行われた、読み書きが苦手な小中学生向けのプログラムをまとめています。2013年の活動報告書と共にぜひご覧ください。
どのようにテクノロジーを活用し、自分のやりたい活動にアクセスしているか…。スカラーたちの多様な活用方法をぜひご覧ください。
※2016年より、小中学生向けプログラムは、スカラープログラムに統合されたため、小中学生向けプログラムは現在行っておりません。

Take part in

スカラープログラムに
応募する

障害があり、学びや生活に困難のある、中学生、高校生、高卒者、大学生、大学院生の中から、テクノロジーの活用と移行支援を通じ、将来のリー ダーとなる人材を養成することを目的としたプログラムです。
毎年春に参加者が公募され、書類選考、 面接選考を通じ、スカラーが選抜されます。

★現在参加者を募集中です。
4月1日から5月7日まで(必着)

PALプログラムに
登録する

学習に困難のある、児童生徒・学生に向けて、テクノロジーを活用した学びの保障について情報提供を行うことを目的としたプログラムです。
登録は、 DO-IT Japan ウェブサイトより常時行っております。

DO-IT Newsletter

DO-IT Japanの活動をお知らせする、ニュースレターを、毎月配信しています。
ご感心のある方は、どなたでも登録できます。

※PALプログラムに該当する方は、PALプログラムへご登録ください。
PALプログラムでは、ニュースレターのお知らせに加え、情報をお届けすることができます。

ページの先頭へ戻る