【開催】(12/5)Schoolプログラム成果報告会

DO-ITスクールプログラムに参加した教員より、
読み書きに困難がある小中学生に対し、
通級・通常学級でICTを活用した活動の報告を行います(無料)。 
どなた様でも参加が可能です。皆様のご参加、お待ちしております! 


【概要】

・日  程:12月5日(土) 17時半から18時50分 

・タイトル:DO-IT Schoolにおける読み書き困難な子の教育実践 [無料/Zoomを使ったオンラインセミナー] 

《タイムスケジュール》
司会進行:近藤武夫(DO-IT Japan・ディレクター)
共催企業:大島友子(日本マイクロソフト株式会社・プリンシパルアドバイザー)

・挨拶・スクールプログラム説明:近藤武夫・大島友子

・選抜校教員より成果報告発表:3名の先生方 (スライドと音声で発表)

  1)赤池睦子  (板橋区立蓮根第二小学校)/17時35分から17時50分

  2)田渕恵美子 (守谷市立守谷小学校)/17時50分から18時15分

  3)保田美紗子 (川崎市立久本小学校 ※現在、在籍校移動)/18時15分から18時30分

・総評:近藤武夫/18時30分から18時38分

・質疑応答/18時38分から18時48分 
 Zoomのチャットに記載いただいた質問からいくつか抜粋し、回答させていただきます。

・挨拶・終了/18時50分

 

【詳細とお申込み】

発表会場の「ATACカンファレンス2020ウェブサイト」より、詳細をご確認いただき、お申し込みください。

17時半から18時50分枠:【F2】DO-IT School における読み書き困難な子の教育実践(無料) になります。

DO-IT School報告会のお申し込みは、「12/5(土)1seminer 参加チケットを申し込む」を、お選びください(無料)。 

・DO-IT Japan共催企業「日本マイクロソフト株式会社」も、同日の「企業セッション」にて、セミナーが行われます(無料)。 

※画像引用:参加申し込み│ATACカンファレンス

・ATACカンファレンスでは、DO-ITプログラムに関わるスタッフが多く登壇しております。ご関心があれば、その他のセミナーもご覧ください。有料もあるため、お知らせのみとさせていただきます。

Take part in

「スカラープログラム」に
応募する

障害があり、学びや生活に困難のある、中学生、高校生、高卒者、大学生、大学院生の中から、テクノロジーの活用と移行支援を通じ、将来のリー ダーとなる人材を養成することを目的としたプログラムです。
毎年春に参加者が公募され、書類選考、 面接選考を通じ、スカラーが選抜されます。

2020年度の募集受付は終了致しました。
翌年度の春に、募集を予定しております。
改めてご連絡いたします。

「PALプログラム」に
登録する

学習に困難のある、児童生徒・学生に向けて、テクノロジーを活用した学びの保障について情報提供を行うことを目的としたプログラムです。

月末に、事例やDO-ITによく寄せられる質問とその回答などをまとめたメルマガを発行しています。また、登録者向けのセミナーを開催しています。

常時、登録が可能です。
以下の「登録フォーム」より、ご登録ください。

DO-IT Newsletter

DO-IT Japanの活動をお知らせする、ニュースレターを、毎月配信しています。
ご感心のある方は、どなたでも登録できます。

※「PALプログラム」に該当する方は、「PALプログラム」へご登録ください。
PALプログラムでは、ニュースレターのお知らせに加え、事例や支援機器の利用方法などの情報をお届けすることができます。

ページの先頭へ戻る