【参加者募集】2022年度スカラープログラム

DO-IT Japanは、障害や病気のある若者の高等教育への進学とその後の就労への移行支援を通じて、未来のリーダーを育成するプロジェクトです。2022年度プログラム参加者を募集いたします。皆様のご応募をお待ちしております!

(2022年4月30日 更新・掲載)
・夏季プログラムは、「8月7日(日)から8月10日(水)」にて開催いたします(特別聴講生プログラムは、期間内で1日開催)。
・夏季プログラム開催方法は、基本的に現地開催(東大先端研)の方向で調整中です。
 ただし、参加者の個別の事情や新型コロナウイルス感染症の状況等を鑑み、開催方法を変更する場合があります。

(2022年5月9日 更新・掲載)
・2022年度スカラープログラムの参加者応募は終了いたしました。たくさんのご応募を、ありがとうございました!

【応募書類受け取り期間:2022年4月1日(金)から5月9日(月)まで (必着) 】 

応募案内(2022年度)

DO-IT Japanは、毎年春に、プログラム参加者の募集を行っております。
2022年度スカラープログラムは、以下の2つの枠で参加者の募集を行います。

  • 2022年度 スカラー :障害や病気のある、中学生・高校生・高専生・大学生・大学院生 ※卒業生や専門学校生も可
  • 2022年度 特別聴講生:障害や病気のある、小学生・中学生(小学3年生から中学3年生まで)

プログラム概要(2022年度)

(1)2022年度 スカラー

  • プログラム参加や機会を通じ、社会で活躍する「リーダー」が育つことを目的としたプログラムです。
  • テクノロジーの活用を主軸に、自らに最適な学び方の体験、 大学に進学した後のキャンパスライフの体験、インターンシップや海外研修の参加、多様な価値観をもつ人々との出会いとディスカッションなど、年間を通じたプログラムに継続的に参加が可能です。

(2)2022年度 特別聴講生

  • 様々な学び方と多様な価値観にふれ、学びの芽を育てることを目的としたプログラムです。選抜された日から年度末までの参加となります。
  • 夏季プログラムで行われる、特別聴講生向けのプログラム「(1)テクノロジーコース」「(2)ダイバーシティコース」のどちらかに参加することができます。また、年度末まで事務局へ個別相談をすることができます。

応募方法

  • 該当する応募要領を、以下からダウンロードし、応募書類をDO-IT Japan事務局へ郵送してください。応募書類受付期間は「2022年4月1日から5月9日まで(必着)」です。
  • 応募要領には、応募用紙と共に、選抜の流れやプログラムの詳細を記載しております。必ずお読みになって、ご自身が希望するプログラムへご応募ください。

※中学生は、「スカラー」と「特別聴講生」の、どちらにも応募が可能です。ただし、重複での応募はできません。

2022年度 スカラー 応募要領

対象:中学生、高校生、高卒生、高専生、大学生、大学院生

2022年度 特別聴講生 応募要領

対象:小学3年生から中学3年生

DO-IT Japanの活動、プログラムの詳細は、活動報告書・ムービーをご覧ください。

皆様のご応募を、お待ちしております!

Take part in

「スカラープログラム」に
応募する

障害のある生徒・学生を対象とした参加型プログラムです。選抜された生徒・学生は「スカラー」と呼ばれます。スカラーは、年間を通じた様々なプログラムに長期的に参加することができます。

スカラープログラムの一部を体験することができる枠として、児童・生徒を対象とした特別聴講生プログラムの実施や、夏季プログラムを一部聴講することができる夏季プログラム聴講生の選考を行っています。

2022年度スカラープログラムの参加者応募は終了いたしました。ご応募ありがとうございました!
【応募書類受付期間:2022年4月1日から5月9日まで(必着)】

「パルプログラム」に
登録する

障害のある本人(年齢は問わない)と、その保護者を対象とした、情報提供することを目的とした登録型プログラムです。

DO-IT Japanからのお知らせや情報を掲載したメールマガジンを受け取ることができます。また、パル登録者向けのセミナーに参加することが可能です。

常時ウェブサイトで登録が可能です。 以下の「登録方法を確認する」より、パルプログラムの詳細・登録方法をご覧ください。

DO-IT Newsletter

DO-IT Japanの活動をお知らせする、ニュースレターを毎月配信しています。
ご関心のある方は、どなたでも登録できます。

※パルプログラム登録者に該当する方は、「パルプログラム」をご登録ください。
パルプログラムでは、ニュースレターのお知らせ内容に加え、事例や支援機器の利用方法などの記事を掲載したメールマガジンをお届けしています。

ページの先頭へ戻る